ふるさと納税するなら楽天がオススメ!ポイントと返礼品で特産品とポイントの二重取りで得しよう!

ふるさと納税

ふるさと納税ってご存知でしょうか?

ほぼ誰でもやれば得する仕組みになっていて、僕もしっかり僕の周りでも『得してる』という友人が多く簡単に得できる仕組みです。

今年のふるさと納税の返礼品で、僕はお肉や果物等を返礼品でいただきました。

特別定額給付金の10万円をふるさと納税に使ったという友人も多く、貯金だけでなく投資等に使った方も多いのではないでしょうか。

そんなふるさと納税は毎年1月1日から12月31日の期間と決まっています。

この機会に知って、美味しく・楽しく今年から節税してみませんか?

 

スポンサーリンク

ふるさと納税とは?

あなたの応援したい自治体へ寄付ができる仕組みで、この寄付金額は来年の所得税の還付と住民税の控除の対象となります。

更に自治体から特産品や施設の利用割引やイベントの体験、という返礼品を得ることができます。

この手続きや手数料に自己負担として2,000円必要です。

ただし自己負担は自分の寄付金額上限を越すとその分も上乗せされるので、寄付金額上限を大幅に上回らないように注意しましょう。 

ふるさと納税とは

必ず支払う来年分の税金を前払いするだけで、返礼品というオマケをゲットできる!

お得な返礼品を選ぶと、支払うだけだった税金分でお買い物が出来るような仕組み!

期間は毎年1月1日~12月31日

  

なぜ楽天ふるさと納税がオススメなのか

理由はポイント還元率にあります。

楽天市場はSUPというポイント還元率がUPする仕組みがあり、この仕組みを利用する事でふるさと納税額に対してポイント最大30%の還元が可能です。

ふるなび等他のサービスでも最大8%のAmazonギフトでの還元はありますが、必要な条件を達成しなければならず、もちろん楽天も条件設定はありますが時期を選べば簡単に10%以上は到達できます。

ふるなびのポイント還元表 (2020年12月10日時点)
楽天市場SPUについての説明ページはこちら

  

更に楽天会員ならば会員登録などの手続きも不要で、普通に買い物するのと同じ感覚でふるさと納税が出来る手軽さもあります。

 

つまり3万円分のふるさと納税を行って10%のポイント還元だと、通常の税金控除額に加えて1割分の3,000ポイント還元されるのです。

最大の30%に到達すれば9,000ポイント還元!さらに返礼品が2万円相当だったとすれば、実質11,000円+自己負担2,000円の合計13,000円の支払いで30,000円分の寄付をして返礼品がもらえるという計算になりますね。

ふるさと納税寄付金額の上限計算方法は?

かんたんシュミレーターをまずは使ってみましょう。

①年収(額面金額)を入力

②家族構成、既婚者は配偶者控除の有無について入力

③扶養家族の有無とありの場合は年齢構成を入力

④目安の金額が出てきます

具体的に知りたい!という方については、詳細版シュミレーターを使用しましょう。

医療費控除等も関係しますので、会社員の方は源泉徴収票を準備してからが良いでしょう

ここで金額が分かれば、寄付金額上限を超えるか超えないか程度を目指して寄付先の自治体を選んでいきましょう。

リヨ
リヨ

個人的には1,000円〜2,000円程度は上限を上回るようにしています。

自己負担を増やす事になってしまいますが、残業などで収入が増えた時も考慮して控除を最大にして返礼品を満喫したいという考え方です。

 

自治体(返礼品)を選んで購入、寄付しよう!

何がいいか決めきれない! どういう返礼品があるの!?

という方には楽天ふるさと納税のランキング等で選んでみたり、寄付金額から検索したりといった手段があります。

自治体の数×金額設定によって返礼品の種類がありますので見つけるのも大変ですよね。

そしてランキングや自治体、返礼品の内容から寄付先を決めて購入すればふるさと納税完了です!

やはり人気はお肉等、冷凍保存できるものが人気ですね。

※支払い者の名義が納税する本人と同じかは必ず確認しておいてください!

ワンストップ特例を活用しよう

本来は必要な確定申告を行わなくてもいい仕組みがワンストップ特例制度です。 

使用できる条件

 もともと確定申告が不要な給与所得者

 1月1日から12月31日まで1年間の寄付先が5自治体以内 ※同一自治体に2回寄付の場合は1自治体扱いとなる

 寄付申し込み毎に自治体へ申請書を送付。

これらを満たせば確定申告は必要ありません。

このワンストップ特例制度の書面はネットからダウンロードもできますが、楽天ふるさと納税では寄付先から送ってもらう事が出来ます

購入時の確認で、【ワンストップ特例申請書の送付】の欄を

希望する】を選択すれば自治体から送付されてきます。

楽天ふるさと納税でのページ

後はマイナンバーカードか通知カード、もしくは個人番号が記載された住民票の写しを書面と共に自治体へ送付すれば手続き完了です。

まとめ

これが簡単にできるふるさと納税という節税の一つです。

今回は楽天ふるさと納税を中心にお話いたしましたが、流れはどこのふるさと納税サイトでも同じですので覚えていて損はないでしょう!

・必ず支払う来年分の税金を前払いするだけで、返礼品というオマケをゲットできる!

・お得な返礼品を選ぶと、支払うだけだった税金分でお買い物が出来るような仕組み!

・寄付金額上限が決まっているので、大幅に超えないようにする事。

・支払い者の名義と納税する方の名義が同じか確認する事。

・5自治体以内ならワンストップ特例制度を利用すれば確定申告は必要無し!

上記を抑えれば、誰でも簡単にできる仕組みですので是非この機会に利用してみてください!

記事を書いた人
リヨ

生きていく事は投資だ!を信念に投資ネタやお得な情報を発信中

証券会社勤務(約4年)
現実と理想のギャップに合わず退職し、製造業の中小企業に転職。
勤務先で同年代や先輩・上司等がお金に関する知識が無く、困ったときに相談に乗る事が度々。
こういった情報を知らないのはもったいない!
将来が不安な若者や、お金を増やしたい方により良い情報をお送りします。
目先の事に囚われすぎるクセがあり。
アニメや映画鑑賞、スポーツ観戦、ゲーム、読書等を趣味としています。
投資(自己投資)は幸せにつながる手段だと断言できます!

リヨをフォローする
スポンサーリンク
LINE証券
ふるさと納税
スポンサーリンク
記事が良ければシェアをお願い致します。
スポンサーリンク
LINE証券
LINE証券
全て投資になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました