最高の投資信託とは?投信に関わる3つの費用についてまとめ。

投資信託

昔は買付時に3%程度の手数料を取る販売会社が多かったですが、最近の投資信託の人気ランキングではコストが低い商品が主流になっており、購入時の手数料が無料のファンドも増えています。

やっぱり無料はいいですよね。

人気のeMAXISシリーズは買付時も売却時も手数料はかかりませんが、信託報酬という見えないコストはかかっているんです。

その投資信託のコストというのは3つ存在します

  • 購入時手数料
  • 信託財産留保額
  • 信託報酬

このコストについてと、何故存在しているのかについてまとめました。

購入時手数料は買付時にかかる手数料

ほとんどは0%〜3%の間で設定されています。

税抜き3%の投資信託を10万円購入すると

3%×100,000円=3,000円

3,000円の手数料が差し引かれる

実質投資額は97,000円で投資信託を購入する事となります。

購入時手数料は何のため?

これは証券会社や銀行等、窓口の企業が得る収入となります。

この手数料も現在ではSBI証券や楽天証券では投資信託の買付手数料は全て無料になっています。

しかし昔のファンドほど高手数料のモノが多く、証券会社や銀行の営業マンが必死に勧めていたり乗り換えを勧めたのはこの手数料(利益)を求めていたという面もあるのです。

もちろん分配金の再投資でもこの購入時手数料はかかってきます。

信託財産留保額は売却時にかかる手数料

ほとんどは0.1~0.5%の間で設定されています。

信託財産留保額が税抜き0.3%の投資信託を10万円分売却した時

0.3%×100,000円=300円

現金化する際には300円差し引かれます。

現金化される金額は99,700円となります。

ちなみに利益はこの手数料を差し引いた額で計算します。

信託財産留保額は何のために?

これは運用会社の収入となります。

投資信託は集めた現金を株式や債券等にして保有・運用しています。

預かった現金のままではプラスになりませんので、基本全て運用に回しています。

解約したい人が出るとその金額分の株式や債券を売却しなければなりません。

その時の手数料や売却損を解約者に負担してもらう為の手数料となります。

解約者に負担してもらわなければ、契約している他の人に負担のしわ寄せが行われ信託財産(純資産)が減っていってしまい運用効率も下がってしまうのです。

信託報酬は運用会社が信託財産から得る収入。

ほとんど0.1%~2.0%(年率)で設定されています。

契約している方が直接支払うわけではありません、信託財産(純資産)から毎日差し引かれています。

こちらはとあるファンドの信託報酬の表記です。

例えば純資産額が500億円以下ならば0.088%(税抜)と言う設定ですので

例えば100,000円の投資信託を保有しているとすると、年間で88円は見えないコストがかかっているという事になります。

信託報酬は何のために?

投資信託を運用するファンドが売買の手数料等の費用や投資信託運用会社の収入源です。

極端に言えばファンドマネージャーは信託財産(純資産額)が多いほど収入が増えるのでバリバリ頑張るのです。

その結果がいい運用成績ならその投資信託を買う人が増える=信託財産(純資産額)が増えるので運用もやりやすくなります。

更に販売会社等にもこの手数料は分配されます。

近年手数料無料にする証券会社もここで利益を得ているのです。

投資信託は信託財産(純資産額)にも注目すべし

この額は集めた資金を運用している金額となります。

多いほどその投資信託に投資する人が多いとも言えますので、ファンドも集めた資金を効率よく利益に繋げる事ができるのです。

減ってきているという事は株価などの下落も要因にはなりますが、解約者も多くなっているでしょう。

そうするとファンドは保有している株式や債券を損益に関わらず売るしか無いので、運用効率は悪くなりますよね。

まとめ

購入時手数料は回避して、他は運用に繋がる必要経費と認識し、低いモノを選択する事。

純資産額をみて減り続けていないか確認する事。

この2点を理解し確認出来れば、ベストな投資信託に出会う事ができるでしょう!

注意事項

・当サイトに記載されている情報は、投資に関する情報提供を目的として作成しており、

 特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません。

・当サイトは投資に関するイメージを身近にできるような情報提供を努めております。

・当サイトは特定の金融商品の勧誘と売買を推奨しているわけではありません。

・購入した商品についての責任・責務等は負いかねます。

・最終的な投資判断はご自身の判断で行って下さい。

記事を書いた人
リヨ

中小企業で働く30代。
お金を増やす、貯めるのが趣味。
投資でしっかり損もしながら楽しく運用をしています。
貯蓄だけでは生きていけないと思い、自分の知識や経験を同年代等の方々に見てもらえればと考えてブログ開始。
他にもアニメや映画鑑賞、スポーツ観戦、ゲーム、読書等を趣味としています。

リヨをフォローする
スポンサーリンク
投資信託
記事が良ければシェアをお願い致します。
スポンサーリンク
LINE証券
LINE証券
楽しい投資と運用

コメント

タイトルとURLをコピーしました