あなたの投資、もしかして”投機”になっていませんか?投資と投機の違いはご存じでしょうか?

考え方

株式や投資信託、不動産投資等といった【投資】についてのお話をいくつかさせていただいている当ブログですが、

【投機】という言葉についてご存じでしょうか?

この2つの言葉、一緒に見えて実は違う意味となっています。

アナリスト等が『投機的だ』という表現でネガティブな使い方をしているので、悪いイメージがあるかもしれないんですが必ずしもそうでもないんですよね。

投資≒投機、意味は違うけどほぼ同じ

株式・不動産・FX・暗号資産も全て何だって投資なんです。

だから人によって『FXは投資だ』『いやいやFXは投機だ』という話になるんですよね。

じゃあなぜ【投機】という言葉が存在し『FXは投機的だ』と表現されたりするのか。

私はこの違いをお金を出した結果が出る時間、またはリスクの大きさと考えています。

時間が短く・リスクがとても高いと認識できる投資を【投機】と考えます。

投資は結果が出るまでが長い

株価や不動産価格が急に2倍や3倍になる事なんてそうそう無い話ですが時間をかければ倍になったり、将来は金のなる木になるかもしれないというイメージはできるんじゃないでしょうか?

投資とは

利益を得る目的で、事業・不動産・証券などに資金を投下すること。転じて、その将来を見込んで金銭や力をつぎ込むこと。

(goo辞書より引用)

将来を見越して、リスクを許容しながら金銭をつぎ込む事を辞書では意味しています。

もちろん、自己研鑽も投資ですよね。

本を読んで知識を深めたり、資格を取ったり。そういった自分の能力を広げたり成長させたりするというのが自己投資。

これは時間を投資してるとも言えませんかね。

投機は結果がすぐ出る

金銭等をつぎ込んだ結果がすぐ出るのが投機です。

投機とは

将来の価格の変動を予想して、現在の価格との差額を利得する目的で行われる商品や有価証券などの売買。

(goo辞書より引用)

更に言うと投機はリスクがとても高い事が多いのが特徴です。

パチンコや競馬等、事前の下調べといった情報収集をする事はありますが100かゼロかという結果になりますよね。

またFXも結果はすぐ出ますし、レバレッジをかけていれば膨大なリスクを負うことになります。

リスクが高く、短期勝負を投機と言う事は出来ます。

だけど100%投機と言えるモノは無い

超ハイリスクハイリターンを投機と一般的に言いますが、それは一般的であって全員が認めるようなモノは無いと考えます。

FXもレバレッジをかけなけれはただの通貨取引ですし、レバレッジをかけてもリスクを許容できるならそれはその人にとって投資と言えるのです。

『これは自己投資や!』なんて言って買い物とかした経験、ありません?

それも人によっては投機(無駄遣い)に見えるのかもしれませんからね。

やっぱりお金を増やすなら投機より投資を目指そう!

リスクはゼロになりませんが、リスクを抑えて将来に向けて投資をするのが一番です。

投機は夢はありますがリスクやリターンを考えるとメインにしていくには不安が伴います。

当たれば大きいのですがハズレた場合は大きな損失になってしまいますね。

投機はほどほどに。

記事を書いた人
リヨ

中小企業で働く30代。
お金を増やす、貯めるのが趣味。
投資でしっかり損もしながら楽しく運用をしています。
貯蓄だけでは生きていけないと思い、自分の知識や経験を同年代等の方々に見てもらえればと考えてブログ開始。
他にもアニメや映画鑑賞、スポーツ観戦、ゲーム、読書等を趣味としています。

リヨをフォローする
スポンサーリンク
考え方
記事が良ければシェアをお願い致します。
スポンサーリンク
LINE証券
LINE証券
楽しい投資と運用

コメント

タイトルとURLをコピーしました